日常茶飯事

ときどき書く日記です.マイホームの建築記録,趣味のゴルフ,息子の少年サッカーなどをかいつまんで
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
甲子園 腹切り発言
春の甲子園.敗戦した高校の監督の「腹切り」発言が話題になっています

以下,新聞報道より

『向陽との1回戦で敗退後、「「21世紀枠に負けたことは末代までの恥、腹を切りたい」など不適切な発言を行った開星の野々村直通監督と村本克部長が23日午前、甲子園球場内の大会本部を訪れて謝罪。口頭で厳重注意を受けた。日本高野連の小森年展事務局長は今後の処分等について「文書の提出をお願いしているので、それを見てから対応したい」と述べた。』

一体,何が問題なのでしょう.

「勝者に対する敬意が足らない」そうです.

高野連の「オレ様」体質はあいかわらずです.
指導者も選手も,私たちと同じ「人間」.聖人君子の集まりではありません.それは高野連もマスコミも承知のはず.

山本夏彦 著 「愚図の大いそがし」より

高校野球の腐敗を知らないものはいない。
甲子園出場と決まったらホテルは一流である。諸事贅沢を極める。市町村は選手を甘やかし放題である。だから高野連には年中密告が集まる。ライバル校を出場辞退させるためで、高野連はしかつめらしい会議を開いて辞退させるのである。
会議の模様を録音してその偽善ぶりを見聞したいものだ.

スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。