日常茶飯事

ときどき書く日記です.マイホームの建築記録,趣味のゴルフ,息子の少年サッカーなどをかいつまんで
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
ゼルビアはどこへ
皮肉なことにゼルビアが好調です.前節,ジェフリザーブズを3-2で下し,ついにJFLの2位に浮上.来季のJ2昇格が絶望的となった中での健闘.選手の頑張りには本当に頭の下がる思いです.

そんな中,「サッカーを読む!Jマガ」というウェブサイトの記事を見つけて,正直,かなり失望しました.

あ,これは2012年も(その先も)ダメかも...そんな不安を呼び起こすのに十分な内容でした.「予備審査をパスできなかったのは,Jリーグの2010年基準に対応する時間的余裕が無かった」のが主因だと思っていましたが,どうやらそうではなさそうです.

「サッカーを読む!Jマガ」の取材記事より

>このクラブを立ち上げてからずっと考えてきたのは『子供』と『地域』。
>その帰結がゼルビアなんです。

『子供』と『地域』を旗印に税金をつぎ込んで失敗した自治体は町田が最初ではありません.Jリーグが「税リーグ」と揶揄される所以です.10億の税金でスタジアムを改修するより,保育園や学童保育を充実させてほしいと願う親は少なくない.ゼルビアサポーターより多いかもしれません.

野津田の改修工事には慎重な審議が必要だとする請願運動には9000筆を超える署名が集まったそうです.観客動員数の目標である3000人をはるかに上回る数字です.

まずは2~3千人の常連さんだけが繰り返し野津田に観戦に来るという状況を変えないと,町田市内のゼルビアサポーターの密度をもっとあげないと,これ以上市の予算を使って一企業を支援することに理解は得られない.それができないなら,もうJ2にこだわることはない,JFLで良いじゃないか.そんな気がします.『子供』と『地域』に貢献するうえで,Jリーグ入りは必須ではないですよね.

本文は,ゼルビアの活動を批判するものではありません.
私自身,熱心なゼルビアサポーターであると自負しております.
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。