日常茶飯事

ときどき書く日記です.マイホームの建築記録,趣味のゴルフ,息子の少年サッカーなどをかいつまんで
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
節電
大震災以後、個人、企業、官公庁の別を問わず、皆が自主的に節電に努めています。節電しても、意外に何とかなるものだと、皆口々に言います。だからといって、いまさら電気の無い生活には戻れない。

電気をあきらめるか、原子力発電所を受け入れるか、難しい選択です。テレビは見たい、インターネットも使いたい、でも原発はイヤだ、は虫がよすぎる。

敬愛する故・山本夏彦さんの著書「日常茶飯事」より

「末端には電気パン焼器があり、頂上には宇宙船がある。原水爆はこの思想、この系列のピーク(てっぺん)に位する一つである。自動車や飛行機を肯定し、礼賛して、その絶頂にある原水爆だけを否定し、禁じようとしても、そうは問屋が卸すかしらん。」

スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。