日常茶飯事

ときどき書く日記です.マイホームの建築記録,趣味のゴルフ,息子の少年サッカーなどをかいつまんで
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
全日本少年サッカー大会 10ブロック予選
第33回全日本少年サッカー大会,10ブロック予選はいよいよ今日から準決勝.6月の都大会に駒を進める上位3チームを決める戦いです.

serigaya04255.jpg

準決勝の相手はFC芹が谷東京.4年生のドリパクフェアプレーカップ,5年生の住信東京カップと,都大会につながる大会では常に準決勝で対戦してきた地元町田のライバルチームです.

厳しい戦いを予想していたのですが,試合開始から終始ボールを支配し,相手チームに自分達のサッカーを許しません.中盤の競り合いをほぼ制し,サイドからの攻めで再三チャンスをつくりました.相手チームDFはタッチに逃れるのが精一杯という展開が続きます.前半,終始押し気味に試合を進めるものの,得点にはいたらず,0-0で折り返します.

後半5分,成長著しいチームメイト,O君が右サイドをドリブル突破して相手DFを振り切ります.角度の無い位置から右足をふりぬいたシュートが見事にネットを揺らし,先制ゴール!!

この得点以降,相手の攻めが単調になったこともあり,最後まで危なげなく1-0で勝利しました.

ouendan11.jpg
都大会出場を決めた後,3,4,5年生の大応援団にお礼の挨拶です.

決勝の相手は,押しも押されぬ強豪町田JFCです.はっきり言って,格上のチーム.相手の主力選手は,先日のダノンカップを共に戦ったチームメイト.彼らの実力は重々承知していますから,正直苦しい戦いを強いられると思っていましたが,いざ始まってみると予想外の大接戦.

開始直後は町田JFCのパス回しに翻弄される場面が続きましたが,相手の攻撃パターンを読めるようになってからは,早い寄せでチャンスをつぶします.前半10分過ぎ以降はがっぷりよつに組んだシーソーゲーム.シュート数ではむしろこちらが上回っていたくらいです.久々にトップで起用されたほくとは何度も惜しいシュートを打ちましたが,クロスバー直撃,相手GKのファインセーブなどで得点にいたりません.結局0-0のドローで,勝負はPK戦にもつれこみます.

PKJFC11.jpg

心臓バクバクで撮影.無事に決めてくれました.危なかったけど(GKの股間を抜けてゴール)

3人目を終わって2-2の同点.4人目のシュートは相手GKにコースを読まれてしまい2-3の劣勢に.町田JFC5人目のキッカーがキッチリとシュートを決めた瞬間,2-4で試合終了.年長から続いたほくとの少年サッカーの集大成,全日本少年サッカー大会10ブロック予選は,準優勝という結果で幕を閉じました.

常々「シュート決めるより,良いパス通す方が面白い」と言っているほくとですが,今日の決勝は闘争心むき出しでゴールを狙っていました.

優勝できなかったのは残念ですが,強豪町田JFCを相手に見事な戦いぶりだったと思います.

試合を終えた選手が整列して,応援団と父兄にお礼の挨拶.悔し涙を流すほくとを見て,園児のころから今日まで6年間の思い出がよみがえります.私もこみ上げる感情を抑えきれず,思わずサングラスで涙を隠しました.

zennnichi11.jpg

ほくと,6年間本当にご苦労様.これまでご指導いただいた監督・コーチの皆様,チームの活動を支えてくださったご父兄の皆様,チームメイトの子供達に感謝いたします.ありがとうございました.
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。